アニメ特化アンテナの注目記事もいかがですか?


スポンサーリンク

相互RSS最新記事

【10月2日のおめでとう♪】ファム・ティ・ラン(シュヴァルツェスマーケン) 【ageキャラ誕生日紹介】

ageキャラ誕生日, 10月誕生日

掲載&参加しています♪

温厚篤実な中隊のお姉さん

10月2日はファム・ティ・ラン(シュヴァルツェスマーケン)の誕生日です♪

【2016年10月2日公開公式誕生日イラスト】

ファム・ティ・ランとは

シュヴァルツェスマーケンの登場人物。

名前の漢字表記は「范氏蘭」。
東ドイツ陸軍第666戦術機中隊 通称「黒の宣告(シュヴァルツェスマーケン)」の次席指揮官。
階級は中尉。コールサインはシュヴァルツ2。

何かと移民に対し差別的な東ドイツ社会において、ベトナム系移民二世の衛士として苦労も有るけど笑顔を絶やさぬ努力家。
温厚篤実で物腰が柔らかく中隊では精神的支柱役も担っており、年下の衛士からは姉的存在として慕われている。
父親が少林拳の師範で、彼女自身も近接格闘の達人と言う一面も持つ。

作戦行動中は主に後方支援を指揮する彼女だが、次席指揮官として中隊長アイリスディーナの意図を汲み、冷静かつ的確な作戦行動を遂行できる能力を持つヴァルターと並ぶ古参の部下。

テオドールを弟のように案じていたが、彼の過去の境遇故なかなか真意が伝わらずにいたが、中隊に配属された彼の義妹リィズ・ホーエンシュタインを巡る出来事を通してようやく通じ合った直後、リィズの放った凶弾に散った。

その最期はやっぱり「笑顔」だった。

原作小説の外伝「シュヴァルツェスマーケン Requiem -願い-」に収録された短編「笑顔の価値は」でその笑顔に至った理由が語られている。