アニメ特化アンテナの注目記事もいかがですか?


相互RSS最新記事



【アリスと蔵六】第6話のレビュー・感想? 寒い日の新聞取りと髪を切る日と家族…蔵六の伝えたいことと、紗名の小さな成長が微笑ましい第2部スタート♪

アニメレビュー, 2017年春(4月~), アリスと蔵六

【アリスと蔵六】第6話のみんなの評価

【アリスと蔵六】第6話のみんなの評価
8.4

面白さ

8/10

    展開

    8/10

      わかり易さ

      9/10

        感動

        9/10

          作画

          9/10

            評価に参加できます♪

            • 記事の下のコメント(ディスカッション)から評価に参加できます!
            • あなたの評価とコメントをどうですか? お気軽に参加して下さい♪
            • 左の数値と上の総合評価は、あなたの評価で変動します!!

             

            アリスと蔵六6話画像

            第6話「樫村家」のレビューディスカッション?

            今日は【アリスと蔵六】第6話ですね♪

            紗名の新しい生活の第一歩の始まりの話だったね。

            蔵六さんと早苗さんとの生活の日常風景とか生花店の仕事とか…

            そういった事の紗名の理解と捉え方を、結構細かく描いていたね。

            新聞を取りに行くことと、紗名ちゃんの髪の事を心境の変化に準えていましたね。

            うん、それと同時に「家族」とはって部分にも斬り込んでいたね。

            色んな「家族の形」ですね。

            「アリスの夢」って異能との付き合い方についても、紗名に対する蔵六の教えが凄く良かった。

            ただ叱るんじゃなく、紗名ちゃんに実感させて理解させてましたね。

            蔵六の人生経験の成せる技かもね^^;

            いろいろと「凄くおじいちゃん」ですよね(笑)

            【補足でもう少し】
            第2部初回はとってもゆったりとした始まりだった。
            蔵六の花屋としての日常を織り交ぜた、紗名の新しい生活をほっこりと描いていて、特に衝撃的なことは起こらないけど。
            でも、蔵六が常に紗名の事を考え、成長させる課題を与え、自身で答えを導かせるように接していることが彼女に良い影響を与えていた。
            朝の新聞取りの描写を、彼女の成長の1つにしているのも微笑ましかった。
            これから学校にも編入することになるようだし、どんな展開となるか楽しみだ。