アニメ特化アンテナの注目記事もいかがですか?


相互RSS最新記事



【アリスと蔵六】第7話のレビュー・感想?? 謎の「もしゃもしゃ」!? 紗名の社会勉強と「ともだち」と一条さんのお仕置き(笑)

アニメレビュー, 2017年春(4月~), アリスと蔵六

掲載&参加しています♪

【アリスと蔵六】第7話のみんなの評価

【アリスと蔵六】第7話のみんなの評価
8.6

面白さ

9/10

    展開

    9/10

      わかり易さ

      9/10

        感動

        8/10

          作画

          9/10

            評価に参加できます♪

            • 記事の下のコメント(ディスカッション)から評価に参加できます!
            • あなたの評価とコメントをどうですか? お気軽に参加して下さい♪
            • 左の数値と上の総合評価は、あなたの評価で変動します!!

             

            アリスと蔵六7話画像

            第7話「ともだち」のレビューディスカッション?

            今日は【アリスと蔵六】第7話ですね♪

            紗名の初めての遠出は…見守る蔵六と一条さんの優しさにほっこりしたよ。

            全てが新鮮で初体験って感じで微笑ましかったですね。

            教員免許保持者だけあって、一条さんの紗名への接し方が「導き手」って感じだった。

            紗名ちゃんの境遇と自身も「アリスの夢」ってことも踏まえてるのでしょうね。

            だろうね。一方の蔵六が多くは語らず見守っているのも良い。

            蔵六さんって、厳つい表情だけど眼差しが優しいですもんね。

            でも、あさひとよながと再会するとは^^;

            何とか誤魔化したけど一条さんのお仕置きも含めていろいろアレでしたね(苦笑)。

            紗名の感じ始めた「もしゃもしゃ」する感情と、突如発生する能力の「ハズレ」現象…

            「ハズレ」現象は不穏さを感じますけど、「もしゃもしゃ」する感情って言うのはきっと…

            あさひとよながとも和解できたようだし、彼女たちもしっかりと内調特機班保護下のようで一安心だけどね。

            紗名ちゃんは早苗さんって良いお姉さんに恵まれてますしね。

            第1部のセミハードな展開と違って、能力絡みのドタバタは有るけどほっこりする場面が多くて良い感じだ。

            【補足でもう少し】
            一条さんマジ有能だけど、やっぱり怒らせて「本気1桁台メイドモード」はえげつない^^;
            紗名の「もしゃもしゃ」する感情の正体って、これまで未体験の様々な事柄が世界の広がりと共に一気に押し寄せたが故なのかもね。
            当然そこには「ともだち」との関係とか、自我の境界線が関係しているのだろう。
            でも、悩む彼女に静かに見守り、自身で答えを見つけることを促すような蔵六の優しさが暖かいね。