相互RSS最新記事



【Re:CREATORS】第4話 「そのときは彼によろしく」のレビュー・感想 それぞれの思いの交錯と決意、そして異世界で食べたコンビニ弁当の味は?^^;

アニメレビュー, 2017年春(4月~), Re:CREATORS

Re:CREATORS4話画像

今日は【Re:CREATORS】第4話のレビューですね♪

第4話「そのときは彼によろしく」のレビュー

まりねのコネと提案でメテオラの創造主を訪ねた2人を待っていたのは、予想外の現実だった。彼女の創造主は不慮の事故で他界しており邂逅することは叶わなかった…
落胆を隠せない彼女だが、思う所が有るようで…
一晩、ネットカフェに1人で篭った彼女は気持ちの整理と併せて、自身の登場する「追憶のアヴァルケン」をプレイすることで、亡き創造主の思い、人柄を知り、彼の愛した世界を守る決意を固めた。
そして、軍服の姫君の思惑・真意を推察もしつつ、被造物が現界し干渉することで、この現実世界も巻き込んだ「大崩潰」が起きると仮説を立てた。

俄に信じがたいことでは有るけど、被造物が現界している時点で異常事態なのだから「想定外」はありえないだろう。
この世界の法則から逸脱している能力を持つイレギュラーな彼らの存在は、それだけで危険を伴うのは事実なわけだしね。
軍服の姫君の最終的に望む結末は不明だけど、明らかに相反する行動原理なのは明白で、メテオラの決意はその「阻止」だ。

前回のセレジア対まみかの戦闘時に、弥勒寺とは別の思惑を持って介入して、まみかを逃した「緋色のアリステリア」の主人公のアリステリアは、軍服の姫君側に付いたようだが…
「彼女の世界基準」での正義感の強さは確かだけど、若干「脳筋」気味の傾向の有る姫様のようだ^^;
半ば軍服の姫君に唆された感じに、自身の創造主と接触…
しかし、彼の創造主としての資質と言うか、作品コンセプトの浅はかさ(?)故なのか彼への憎悪の念を滲ませ激昂していた。
ただ、彼女が彼に「改変」をさせて失敗したのは、前回のメテオラによる検証と、颯太の言った「読者やファンの印象」が無いから失敗したって見解の裏付けになりそうだね。

やはり、軍服の姫君の真意は未だ不透明。
その場に現れた厳ついおっさんの発言と相まって流動的な様相だ。

アリステリアに改めて礼をと、声をかけてきたまみかとの会話中に見せた彼女の意外な一面。
まみかに語った彼女なりの決意は、形は違えどメテオラの決意と同種に思えたのだが…

そんな混沌とした状況下、更なる物語世界の住人が今度は松原の知人でシナリオライターの中乃鐘のもとに…
彼が脚本・構成を担当したロボットアニメ「無限神機モノマギア」の主人公 鹿屋瑠偉が現界したとの困惑した電話が^^;
しかも、今度はその搭乗している巨大ロボットの「ギガスマキナ」と一緒にw

で、その鹿屋瑠偉は、中乃鐘の部屋で…コンビニ弁当食ってる^^;
何か凄いロボットアニメ主人公の日常を目撃してって感じだよね(苦笑)。
増え続ける被造物たち、世界観を異とするものたちと異能の力や現実では不可能なテクノロジーの衝突がもたらす混乱と危機…
益々、混迷してきたのだが、軍服の姫君の思惑と颯太との繋がりが未だ不透明の中、事態の推移が気になるね。

メテオラさんの決断と決意がカッコよかったですね。

でも、最後のお腹グ~がなんとも締まらない気がしたけどね^^;

思いの真剣さとかわいさの融合ですね♪

それにしても事態のカオス化進行中だよね。

世界観や設定の違いの衝突ですね。

この作品の肝はそこなのだろうけど、さじ加減が絶妙で面白い。

軍服の姫君さんの真意が益々謎めいてきましたよね。

うん、颯太との繋がりも不穏さを煽っているしね。

新たに来た鹿屋さんの動向と…お弁当が気になりました!

……

ん???

【Re:CREATORS 第4話のAnnict評価記録】