アニメ特化アンテナの注目記事もいかがですか?


相互RSS最新記事



【サクラクエスト】第3話「マンドレイクの叫び」のレビューをしたよ♪

アニメレビュー, 2017年春(4月~), サクラクエスト

掲載&参加しています♪

サクラクエスト3話画像

今日は【サクラクエスト】第3話のレビューしたんですね♪

第3話「マンドレイクの叫び」のレビュー

閉塞感と変化を望まぬ保守的な考え方と、諦めのような雰囲気が町の活性化の妨げになっている…
確かに町の将来を憂いているであろう会長も、その悪循環にもがき彼なりの努力をしてきただろうし、その思い自体に衰えはないのだろうけど…
大半の間野山住人の冷めてしまった郷土愛的なものには、彼の町おこし施策は響かないのだろうね。

何かを変えるのは「若者、馬鹿者、余所者」。
新国王の由乃は、正にそれにピッタリはまる存在だよね^^;

会長のお達しで、町を肌で感じてこいとのことで住人たちに接してみて感じたのは、基本的に保守で非協力的傾向が強いことだった。
そんな町に現れた、余所者新国王が簡単に受け入れられるほど甘くはないよね。
地元TV局のインタビューでも、余所者感が露呈する結果にもなるし^^;

路線バスの運転手の高見沢さん…あの王宮に残っていた「初代国王」と一緒に写真に写っていた「王子」だったのね^^;
今はこんなだけど、後々、良き協力者になってくれそうな予感がするが…

そんな折に行われた「ゆるキャラ選手権」でトラブルが…
「チュパカブラ」の頭を紛失して出場の危機に^^;

中継を観ていた凛々子の母で、会長とは犬猿の仲の千登勢の嫌がらせ込みの発案で、かつての間野山のゆるキャラ「かぶらくん」を急遽出すために、皆が着ぐるみの行方を探して会場に届けるのだが…
「チュパカブラ」の頭もほぼ同時に、ごみ処理場から回収されて届けられたのだがw

ゴミ臭い「チュパカブラ」の頭と、古の(笑)「かぶらくん」どちらも嫌だとゴネる会長(苦笑)。
そこで由乃が会長に突きつけた現実は、この苦境を打破するに足る響く言葉だったね。
どちらで出るかの選択を彼女に委ねた会長、そして彼女の選択は…

「チュパカブラくん」の出番で現れたのは、新国王の由乃と頭は「かぶらくん」で、首から下は「チュパカブラくん」。
そして、由乃が発したスピーチはこの会場の明るい雰囲気にはそぐわないけど、切実な町の現状を打破したい思いのこもった言葉だったよね。

「ゆるキャラ選手権」の結果は散々だったけど、会場に居合わせた人々、中継を観ていたであろう千登勢を含めた間野山の人々、協力してくれた仲間、そして何より側で聞いていた会長の心と考え方にも何かしら変化を与えたんじゃないかな?
もちろん、それを言った由乃本人にも、間野山の「国王」としての覚悟と自覚が垣間見えていた気がする。

花見も兼た5人での宴会の席に現れた会長に、改めて問われた覚悟に即答でYESと返した由乃が逆に出した条件は…
今回のメンバー5人による本格的町おこし活動の稼働を望んだわけだけど、以前の会長だったら難癖つけて認めないかもしれないけど、その返事は頼もしいOKだったよね。

由乃国王を中心に、間野山の停滞し廃れてしまった町の活性化はどんな結果と変化をもたらすのか凄く興味深いし、楽しみだ。

由乃さんのスピーチ不器用だけどカッコよかったです♪

彼女は決して「馬鹿者」じゃないよね。

若い余所者ですけどね^^;

彼女自身の保守的な部分の打破と、停滞した保守的な住人の活性化がどう進むか面白くなってきた。

一風かわったお仕事ですけどね。

今の世の中、程度の差こそあれ地方に似たような課題を抱えた町や村って有るだろうから切実だよね。

軽い調子の作品ですけど、結構「社会派」なんでしょうか?

そうだね。そういった側面もある毛色の違うお仕事系だと思うよ。

由乃さんと4人の今後の活躍が興味深いですね♪

【サクラクエスト 第3話のAnnict評価記録】