アニメ特化アンテナの注目記事もいかがですか?


相互RSS最新記事



【ゼロから始める魔法の書】第3話「決闘」のレビューをしたよ♪

アニメレビュー, 2017年春(4月~), ゼロから始める魔法の書

ゼロから始める魔法の書3話画像

今日は【ゼロから始める魔法の書】第3話のレビューしたんですね♪

第3話「決闘」のレビュー

老婆の助力で難を逃れたゼロたち一行は、ゼロも心待ちにしていた商業の中心地であるフォーミカムに…
検問所で、機転を利かせた(笑)ゼロによって、不名誉な「堕落の象徴」的烙印を押された傭兵^^;
アルバスからのおっさん扱いの時といい、つくづく彼のメンタル面を抉る場面が有るよね(笑)

ゼロの衣服が悪目立ちするからと寄った服屋で、お気に入りを見つけることが出来たのだが…
店主が変態過ぎだww
ゼロは全裸になっても動じない男前だしwww

獣堕ちの「食人衝動」への怯えが原因で宿探しに苦労する一行。
そんな中、奴隷の少女を連れた犬面(本人は狼と主張^^;)の獣落ちと出会う。
彼が教えてくれた宿に無事宿泊が出来たのだが…

その夜、一人で抜け出して酒場に行こうとした傭兵を、ゼロに見咎められ2人で酒場に。
ゼロの酒癖は基本絡み酒らしい^^;
ちょっと面倒な感じだけどかわいいかも?
そんな2人に例の犬面の獣堕ちが声をかけてくるのだが、彼の連れの奴隷少女たちは魔女であり、教会に裁かれるところをかくまってやっているのだと告げるのがが…。

ゼロとともに彼の言葉の嘘を見抜き、不快感を露わにした傭兵は少女たちを開放するため、夜更けに犬面の根城に忍び込む。
傭兵の目的には少女たちの開放も第一だが、これ以上獣堕ちの評判を落としたり、恐怖によって要らぬ諍いの種を増やしたくない気持ちもあるようだね。

まあ、一応雇い主であるゼロの意向とも合致する以上は当然の「決闘」なのだろう。
そして、ゼロからの絶対の信頼も有るようだし。
そもそも、獣堕ちの身体能力は素となる獣の身体能力や性質に依存しているようだし、恐らく「ホワイトタイガー」(?)の傭兵と、狼の獣堕ちの彼では格が違うのかもね。
結果は当然、潜り抜けてきた場数の違いも有るであろう傭兵の圧勝。

高みの見物(笑)のゼロも、正直腹に据えかねていた彼に対してのお仕置きで(笑)「全身脱毛」の魔術を^^;
取り敢えず奴隷として扱われていた「人間の」少女達の開放には成功したのだが…
ここにもまた、人間と魔女との間の諍いの間にある「闇」の深さを感じる現実が有るんだね。

いろいろと不幸な偶然や誤解から、複雑に絡んだ憎悪や恐怖、そして疑心暗鬼が世界を歪めてしまっている…
獣堕ちが生み出される理由にしても、きっとそこには違った真実があり、人間と魔女との間にも正しい関係性が有るはずなのに…

ゼロの探し求めている「ゼロの書」に纏わる真実の先に、それらにたどり着くための何かが有るのかもしれないね。

一件落着後の夜更けに、傭兵たちの眠る部屋を訪れたゼロのあの表情の真意は…、単に傭兵の「モフモフ」をゲット出来ることへの愉悦の表情だったのか!?
まあ、傭兵にしてみたらアルバスに首を取られるのもどちらも傍迷惑な話なのだろうが^^;

酔っぱらいのゼロさんがかわいかったです♪

基本絡み酒だったけどね^^;

でも、その酔いも醒めるような犬面さんは嫌な感じでした。

人間、魔女、獣堕ち三者の表面的な諍いとは別の「闇」の一端を見たよね。

はい。いろいろと複雑ですよね。

そういった見方をすると、今は利害が一致して共に旅する三人も複雑だ。

真実に近づいたら変化していくのでしょうか?

物語の核心に触れる展開になったらアルバスは特に変わることになるかもね。

【ゼロから始める魔法の書 第3話のAnnict評価記録】