アニメ特化アンテナの注目記事もいかがですか?


スポンサーリンク

相互RSS最新記事

【ゼロから始める魔法の書】第5話のレビュー・感想? 陰惨な村で一体何が? 新たな勢力の存在とそれとは別の… かつてゼロが帰りを待った十三番は…

アニメレビュー, 2017年春(4月~), ゼロから始める魔法の書

掲載&参加しています♪

ゼロから始める魔法の書5話画像

第5話「ゼロの魔術師団」のあらすじ(公式サイトより引用)
ラテットに到着したゼロたちの目の前に無残な光景が広がっていた。魔術師と思われる者を含む村人が何者かに襲われ、あちこちに死体が散乱する異様な光景を確認したゼロは、「これは魔女の襲撃だ」と断言する。アルバスはゼロと傭兵に、ゼロの魔術師団から追放され村や街で略奪を繰り返す“はぐれ魔女”の存在を告げる。そしてさらに、国家に忠誠を誓い魔女狩りに加担する、ある国家魔術師の存在を口にする。

第5話「ゼロの魔術師団」のレビューディスカッション?

今日は【ゼロから始める魔法の書】第5話ですね♪

ラテットの陰惨な状況…一気に鬱展開だ。

新たな勢力(?)も出てきましたね。

淡々と状況分析をするゼロの心中が、静か過ぎる怒りと後悔のようなもので満ちている気がしたね。

魔法の在り方と使い方次第で凶器にもなるってことですよね…

それにしても少し残念な展開だ。

どうしてですか?

確かに人と魔女、そして新たな勢力を巡る背景は見えてきたし、そこにある行き違いと思惑もほぼはっきりしたと思う。けど、何とも言いようのない薄っぺらさを感じてね。

う~~ん? よく解りませんが…確かに、ゼロさんの探していた「ゼロの書」の行方と、十三番と呼ばれる人とのあれこれが、わたしもちょっと…

魔法バトルって展開が随分安易に始まった感じもするしね。

もうちょっと十三番さんの、これまでが見えてくれば変わりそうですが…

結構、世界観が練り込まれているから、ここでの下手な失速は避けて欲しいところだよ。

【補足でもう少し】
展開的な残念さもあるのだけど、今回は随分と作画が怪しいというか危うさを感じるシーンが多かった気がする。
ゼロはもちろん、傭兵なんて一瞬どこのホワイトタイガー(笑)ってくらいに変だったしw
せっかくの期待作なのだから、ここでの色んな意味での失速は御免被りたいね。
一過性のものであってほしいと期待したい。

【ゼロから始める魔法の書 第5話のAnnict評価記録】

 


ページ先頭へ